「穴場」の喪失

『「穴場」の喪失』(祥伝社新書)

(祥伝社、2017年6月)
本村凌二/マイク・モラスキー

 

・「穴場」が喪われる時「人間性」も喪われる。
街、居酒屋、映画、ギャンブル、音楽、言葉、笑い……
「現代」を映し出す刺激的な対談!

>> 出版社サイトはこちら

 

『日本文化に何をみる?』

『日本文化に何をみる? ポピュラーカルチャーとの対話』

共和国、2016年4月12日刊行)
 東谷護+マイク・モラスキー+ジェームス・ドーシー+永原宣

 

〝生まれも育ちも異なる4人の論客〟による、新たなニッポン文化論。
 第2章 「プチ本物主義」のすすめ
 第7章 〝もっと自由な〟文化研究は可能か
 ※エッセイ、及び、講演の記録です

 

日本の居酒屋文化

『日本の居酒屋文化――赤提灯の魅力を探る』

(光文社、2014年3月18日刊行)

 

・人は何を求め、居酒屋に足を運ぶのか? 世界にも類のない日本の居酒屋文化を、学術的な要素と実用エッセイ的な要素でブレンド。

 

  • 「週刊エコノミスト」2014年8月12・19日合併号(文・与那原恵氏)
  • 「北海道新聞朝刊」2014年6月29日
  • 「週刊ダイヤモンド」2014年6月21日
  • 「新潮45」2014年6月号(文・山村杳樹氏)
  • 「週刊朝日」2014年5月30日号(週刊図書館)
  • 「東京新聞」2014年5月25日
  • 「朝日新聞デジタル:コーヒー片手に考える」2014年5月11日(文・高木善祥氏)
  • 「SAPIO」2014年5月号(文・鈴木洋史氏)
  • 「男の隠れ家」2014年4月26日発売 6月号
  • 「京都新聞」2014年4月24日朝刊
  • 「HONZ」2014年4月10日(文・栗下直也氏)
ひとり歩き

『ひとり歩き』

(幻戯(げんき)書房、2013年 3月23日刊行)

 

・アメリカの想い出/日本列島放浪記/韓国・中国・台湾紀行、など。足の向くまま、気の向くままに楽しんで書いたエッセイ集。

 

呑めば、都

『呑めば、都――居酒屋の東京』

(筑摩書房、2012年10月)

 

・東京の町歩き・呑み歩き体験を踏まえたエッセイ集。
幅広い実地調査と文献などの研究を背景に、東京の歴史的変遷や、居酒屋の文化的な位置づけを考察する、ちょっと異色の一冊。

 

  • 「週刊現代」2013年8月17・24日号「人生のことば」(文・轡田隆文氏)
  • 「紀伊國屋書店書評空間」(文・阿部公彦氏)
  • 「サンデー毎日」予想上手の馬券ベタ(文・井崎脩五郎氏)
  • 「NEWS ポストセブン」(SAPIO 2013年1月号)
  • 「週刊朝日」2013年4月12日号(文・片岡義男氏)
  • 「モノ・マガジン」2013年2月16日号
  • 「東京人」2013年2月号(文・平松洋子氏)
  • 「東京人」2013年2月号(エッセイ・川本三郎氏)
  • 「東京人」2013年1月号
  • 「AERA」2012年12月17日号(文・星野博美氏)
  • 「日本経済新聞」2012年12月9日(文・池内紀氏)
  • 「共同通信」配信 2012年(文・荻原魚雷氏)
  • 「週刊ポスト」2012年12月7日号(文・井上章一氏)
  • 「週刊文春」2012年11月29日号(文・酒井順子氏)
ジャズ喫茶論

『ジャズ喫茶論――戦後日本の文化を歩く』

(筑摩書房、2010年2月)

 

・日本全国のジャズ喫茶を歩き回り、インタビューを重ね、
 その結果を軽いエッセイにまとめた一冊。

 

ニュー・ジャズ・スタディーズ

『ニュー・ジャズ・スタディーズ
   ――ジャズ研究の新たな領域へ』

 宮脇俊文と細川周平との共編著

(アルテスパブリシング、2010年)

 

・日米両国の学者によるジャズ研究の論文集。

 

その言葉異議あり!

『その言葉異議あり! 笑える日米文化批評集』

(中央公論新社ラクレ新書、2007年)

 

・まったく遊びの感覚で記したエッセイ集。ふざけ放題。

 

占領の記憶/記憶の占領

『占領の記憶/記憶の占領
   ――戦後沖縄・日本とアメリカ』

(鈴木直子訳 青土社、2006年)

 

・もっとも本格的な研究書。

 

戦後日本のジャズ文化

『戦後日本のジャズ文化
  ――映画・文学・アングラ』

(青土社、2005年)

 

・初めての日本語著書。2006年度サントリー学芸賞受賞。
(社会・風俗部門)

 

The American Occupation of Japan and Okinawa

The American Occupation of Japan and Okinawa: Literature and Memory

Routledge 1999; paperback edition 2001